■バガン-ヤンゴン -030930-

チィガァが寝坊をした

6時45分ヤーキンターホテル前待ち合せて 空港まで送ってもらう約束であったが
55分になっても登場しない
焦りを見せ始めたホテルの青年が オートバイで彼の家まで様子を見に行く
彼の家はホテルから車で5分くらいのマーケットの周辺だときいている

程なくチィガァが合掌しながら登場する

彼とのドライブの最後のテープはミャンマーの伝統音楽である
日本で言うところの歌謡曲のようなものだろうか

渋谷駅南口の公衆トイレを少し大きくしたような建物のバガン空港に到着
チィガァと握手を交わし 公衆トイレ系の空港施設へ向かう
一応空港は軍の施設なので 軍服を来たオッサン達がいるが
ただダラダラとだべっているだけである


ヤンゴン行きの飛行機に乗ったはずだった

しかし 離陸30分後 致命的なことに飛行機はヤンゴンとは正反対のマンダレー空港に到着
筆者は 努めて焦らないようにした
バガン空港できちんとスタッフに確認したはずだ これはヤンゴン行きかと
これは筆者のミスではない 空港のミスだ
ちゃんと説明すれば 次のヤンゴン行きにタダで乗せてくれるはずだ

筆者は冷静を装って ヤンゴンエアウェイのスタッフに事情を説明する
すると驚いたことに 瞬時に帰ってきた答えは
「マンダレーからヤンゴンまでのチケットを買いなおすしかない」
これは驚きである
まあこちらに非がないとは言えないが 少しはオフィスと掛けあってくれもよいではないか
しつこく交渉していると やがて若干年配の職員が出てきたが やはり言うことは同じ

それでも筆者が駄々をこねていると 一人の若い知的な顔立ちのミャンマー人が登場
筆者が彼に事情を話すと 筆者と次のような問答である

知的人 「あなたはマンダレーに寄っていきたいのか?」

筆 者 「とんでもない すぐにでもヤンゴンへ行きたい」

知的人 「なるほど じゃあ問題ない
      今乗ってきたこの飛行機にもう一度乗って30分程待っていればよい」

筆 者 「なんと それはどういうことだ」

知的人 「スタッフの彼は あなたがマンダレーの町に寄っていこうとしていると思っているのだろう
       そうではなくて 空港を出ずにそのままヤンゴンへ行くのなら問題ない」

筆 者 「むむっ まさか 今マンダレーにいるのは 単なるトランジットであったのか」

知的人 「その通りだ」

なんということであろうか
筆者は大いなる勘違いをして 無駄に論争を巻き起こしていたのである
これは最低である 日本国民の恥である

しかし 筆者にも言い訳がないでもない

まず 筆者はこの飛行機がヤンゴンへ行く前に違う空港を経由していくなどということを
全く聞いていなかったのである(ホテルで取ったためであるが)
しかも バガンとヤンゴンとはせいぜい300km程度
そのような近距離で他空港を経由する飛行機など乗ったことがない

まあ それはいいとしてもだ
なんと驚くべきことに バガンから見てマンダレーはヤンゴンとは正反対の方向にあるのである
そんな町を経由するというフライトスケジュールを 誰が予想しうるであろうか
まあ筆者はまだまだ飛行機経験が豊富でないので
他にそのような例を知っている方もいるかもしれない
しかしあまりにもマニアックではないか


そんなこんなで 筆者は無事ヤンゴンの街に降り立つことができたのである

ヤンゴンでは一泊の予定である
前回と同じ ビューティランドホテル2に滞在することにした
今回は12ドルで 前回は無かったテレビと冷蔵庫がついている
ただテレビはなぜか中国の放送しか入らない

前回苦労して発見した食堂でモヒンガーを食い タクシーで日本人墓地へ向かうことに
日本人墓地は 太平洋戦争の激戦地であったミャンマーで亡くなった約19万人の戦没者の
慰霊碑などがある場所である

そのタクシーの運転手の青年が 非常に良い人柄であった
言ってみれば 抱きしめたい感じの青年である
抱きしめられたほうは良い迷惑だと思われるので 抱きしめなかったが
筆者の方から 往復で7ドルという若干いい値段を提示して払ってしまった
この辺りにも 筆者が聖人に近づいているという証が見てとれる

ホテルに戻った後 ヤンゴン市は停電を幾度となく繰り返す
そのたびに筆者は 仙人のようにベッドに横たわり
扇風機が復活するのを待つ
恐らく 普段より暑かったために 電力需要が超過したのであろう

夕方5時を過ぎた頃 ボーヂョーアウンサンマーケットへ 土産物を漁りに出かけるが
なんと すでにマーケット内の店々はすでに閉店ぎみであり
筆者は泣く泣くホテルへ戻り 夕食時まで再びゴロゴロする

夕食は ダヌピューというビルマ料理の店へ訪れた
地球の歩き方には 「評判の良い純ビルマ料理の店」などと記載されていたが
結論から言うと 冷めていたり 固かったりで 全くうまくなかった

ところで そのダヌピューで
「マトン・ブレイド・カリー」なるメニューがあり 一体何だろうと思い注文したのだが
出てきたものは おそらく 丸い形や適度のしわ そして豆腐のような柔らかさから判断して
まさに羊の脳味噌に違いない 要は「ブレイド=ブレイン」だったのである
もちろん出されたからには食べねば日本人の恥なので
柔らかい歯ざわりを堪能しながら完食したが その後すぐに普通のポークカリーで口直しを行った

「これが脳味噌の食感なのか!」
というマニアックな感動は できれば一人で寂しく噛みしめたくない種類のものである

帰ると 電灯や扇風機は動いていたが エアコンはまだ動いていなかった
寝苦しい夜にならねば良いが と願いつつ
とりあえずミャンマービールをいただこうか

明日でミャンマーともお別れである


---写真クリツク→拡大---

 
美しいおねいさんがいるヤーキンターホテル  これでも一応空港です(バガン空港)
  
一路ヤンゴンへ・・・のはずでした     ヤンゴンの戦没日本人墓地       「大東亜戦争陣没英霊之碑」の字
 
墓地にはミャンマー式の仏陀と日本式の仏陀が並ぶ